読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひいらぎの日記

デザインはまた時間のあるときにやります!

SublimeTextでLaTeXを使いたい!

TeXのファイルを作成するにあたって、「MacTeX 2016」をインストールし「Tex Shop」を使用していましたが、かねてからソースコードの作成に使用していたSublime Textを用いたいと考えていました。
インターネットで検索すると、「LaTeX Tools」を使用する方法が多数載ってましたが、どうやら古い情報が多く、現在仕様が変更されているものがけっこうあったので、ここで2017年3月の時点での方法をやった通りに書いてみます。
これから記す方法は、「LaTeX Tools」を用いることはせず、Sublime Textに新しい”Build System”を定義することでコードの記述とコンパイルができる、というものです。
こんな状態で始めました。

  • TeX/LaTeXの環境が整っている(以前、「TeX Shop」を使っていたのでMac Tex 2016がインストール済みでした)

以下の手順でやってみました

f:id:ymho_99:20170401211750p:plain
build systemを定義下の画像のような記述が現れたので,ひとまずこれを置き換える。
f:id:ymho_99:20170401212026p:plain

{
"selector": "source.tex",
"shell": false,
"cmd":[
"/bin/sh", "-c", "/usr/local/texlive/2016/bin/x86_64-darwin/platex $file_base_name.tex && /usr/local/texlive/2016/bin/x86_64-darwin/dvipdfmx -p a4 $file_base_name.dvi && /usr/bin/open $file_base_name.pdf"
]
} 

MacTex2016でインストールされたものを参照してるっぽいので,もし,自分のバージョンがわからない時[ls]で/usr/local/texliveを参照して出てきたフォルダ名がバージョンかな...

[⌘(command)]+[S]で名前を「LaTeX2016」として保存すると,これがBuild Systemの一覧に表示された。
[⌘(command)]+[B]でコンパイル。pdfビューアーが自動的に開いて、コンパイルできた。
構文エラーがあれば,画面下のコンソールに内容が表示されそう。
f:id:ymho_99:20170401220918p:plain
f:id:ymho_99:20170401221240p:plain

P.S

Sublime Textのパッケージに「LaTeX Tools」なるものがあると前述しましたが、これを導入しておくと、以下のようにコンパイルせずとも、数式が表示される機能を利用できることに気づきました。
f:id:ymho_99:20170401221243p:plain
これはすごい!